2011年03月17日 09時00分 UPDATE
特集/連載

「WAF」製品紹介【第6回】インパーバ(Imperva)先駆者としてトップシェアを獲得した「Imperva SecureSphere WAF」

Impervaは、ワールドワイドでWAFをいち早く開発/実用化した先駆者だ。市場調査で金額ベースでのシェアトップを獲得するなど、国内でも急速に支持を拡大している。

[渡邉利和]

市場からの高評価

 Imperva(インパーバ)は、セキュリティ企業として著名なCheckPointの共同設立者でもあるシュオモ・クレーマー氏が2002年に設立した企業だ。同氏はWAF(Web Application Firewall)というコンセプトを確立、実装を手掛けた先駆者であり、ImpervaはWAFのリーディングカンパニーとして広く知られている。

 クレーマー氏は現在もCEOとして同社をけん引する立場にある。また、Impervaのセキュリティソリューションを技術面で支えているのがCTOのアミカイ・シュールマン氏だ。同氏は現在、Impervaのセキュリティ研究機関であるADC(Imperva Application Defence Center)を率い、Webアプリケーションに特化したシグネチャ開発などを主導している。

 Impervaが日本に常設オフィス(Imperva Japan)を構えたのは2010年5月で、ごく最近の話となる。この経済状況の中、2010年の日本市場での業績は2009年比で80%超の伸び率を記録した。ワールドワイドでの成長率は45%増なので、全世界で好調な伸びを記録している中で日本が突出してさらに伸びているという状況だ。この一点だけを見ても、同社が日本市場で短期間に高い支持を勝ち取ったことが伺える。

新機能を次々と開拓

 ImpervaのWAF「SecureSphere Web Application Firewall」は、ブラックリスト型およびホワイトリスト型の保護を併用しており、ADCで開発したシグネチャによってWebアプリケーションを防御する機能や、Dynamic Profiling(ダイナミックプロファイリング)と呼ぶ自動学習機能、Threat Rader(酢レットレーダー)と呼ぶレピュテーション機能を組み合わせて高度な保護を実現している。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

LINEと博報堂DYデジタル、「LINE」上での広告効果測定の精緻化を図る共同プロジェクトを開始
LINEは、同社の広告サービスにおいて、効果測定の精緻化を図るプロジェクトを博報堂DYと...

news056.jpg

SSP「fluct」、Bulbitの全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」と連携開始
fluctは、SSP「fluct」がBulbitのモバイルアプリ向け全自動マーケティングプラットフォー...

news024.png

「All About」、記事型ネイティブ広告にIASのアドベリフィケーションツールを正式導入
オールアバウトは、総合情報サイト「All About」で販売および配信する記事型ネイティブ広...