インパーバ、WAF/DBセキュリティ装置「SecureSphere」の日本語版を発売 NEWS

インパーバ・ジャパンはWAFやDBアクセスセキュリティの3製品について英語のインタフェースを日本語化、管理を容易にした。

2008年10月03日 15時36分 公開
[TechTargetジャパン]

 データセキュリティベンダーのインパーバ(Imperva)・ジャパンは10月3日、Webアプリケーションデータベース(DB)セキュリティ製品「SecureSphere」の日本語版を発売した。管理インタフェースをローカライズ化し、より使いやすくした。

画像 SecureSphereアプライアンス

 SecureSphereはデータセキュリティ対策を主眼に社内外の不正アクセスを防御するアプライアンス製品。外部からのSQLインジェクションやXSS(クロスサイトスクリプティング)などの攻撃、あるいは組織内部のデータ持ち出しによる情報漏えいに対応することができる。Webアプリケーションファイアウォールの「WAF」、DB利用のアセスメントや監査機能を提供するゲートウェイ「DSG」、OracleMicrosoft SQL Server、DB2などのDB操作のモニタリング・リポーティングを行うゲートウェイ「DMG」がラインアップされている。

 今回、同社はSecureSphereのローカライズを完了し、インタフェースやリポートの日本語化で管理者の操作性向上を図った。V6/R6以後のバージョンで利用できる。それ以前のバージョンはシステムアップグレードを行う必要があるが、日本語版は保守契約の一部として提供されており、作業費用などは国内の販社によって異なる。なおSecureSphere日本語版の発売と同時に、中国語や韓国語にも対応した。

ITmedia マーケティング新着記事

news187.jpg

アドウェイズ、バイタルサイン計測サービス「MARKETING DOC」を発表
アドウェイズは、マーケティングの活動状況を計測して診断するサービス「MARKETING DOC」...

news057.png

外注費の実態 「動画制作」「マーケティング」が大きく増加の傾向――ランサーズ調査
フリーランスや専門会社への「外注」について、どのような業務の外注費が増加傾向にある...

news049.png

SEO対策において「古い記事」をどうすべきか? 3つの対処法を解説
SEOの観点では、古い記事は削除した方がいいのか、残しておいても大丈夫か。どのような対...