Webアプリケーションの脅威モデリングの勘所リスクを把握・評価する

Webアプリケーションがさらされるリスクを把握し、評価する脅威モデリングを進める上で欠かせない重要な7つのステップを紹介する。

2008年09月02日 07時30分 公開
[Kevin Beaver,TechTarget]

 Webアプリケーションセキュリティ対策の重要なポイントの1つは、どのようなリスクにさらされているかを把握し、それらのリスクを評価することだ。このプロセスは脅威モデリングと呼ばれる。その過程ではアプリケーションの弱点とその影響を技術的に検討するため、脅威モデリングには脆弱性モデリングやリスクモデリングといえる側面もある。

 Webアプリケーションのセキュリティがあなたの会社のビジネスにとって重要なら、脅威モデリングの結果は高レベルなものも含めて、十分に注意を払いながら開発プロセスに反映させなければならない。というのも、Webアプリケーションでは思いがけないさまざまなことが起こる可能性があるからだ。Webの世界では、ファイアウォールやSSL、強力なパスワードといった基本的なセキュリティ要素が整備されていれば、すべてが安全だという思い込みに陥りやすい。この危険な思い込みは結局のところ、どのようなリスクにさらされているかよく知らないことによるものだ。現在の情報セキュリティにおいては、これは命取りになる。

 脅威モデリングはこうした問題の回避に役立つ。効果は絶大だ。以下では、脅威モデリングを進める上で欠かせない重要なステップを紹介していこう。

ITmedia マーケティング新着記事

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...