2011年04月13日 09時00分 UPDATE
特集/連載

多くの管理者が陥るセキュリティ対策の誤りエンドポイントセキュリティでは企業を守れない

エンドポイントへの攻撃を防ぐには、第一に、ネットワーク内へのマルウェア侵入をブロックすべきだ。

[Jonathan Hassell,TechTarget]

 ネットワークデバイスとエンドポイントは、それ自体でセキュリティを確保するべきであると考える人は多い。そうした人は、エンドポイントの保護を専門とするエンドポイントセキュリティを導入することで、悪意あるソフトウェアが1台のエンドポイントを突破しても、別のエンドポイントは保護できるようにする。

 こうしたエンドポイントセキュリティは人気があるし注目に値するが、この方法は(あなたがエンドポイントセキュリティ製品で対処しようと考えるような)強力なマルウェアに対しては役に立たないとはっきり言おう。ネットワークの周辺でマルウェアを遮断しなければ、その時点であなたは戦いに負けており、次にするべきことはマルウェアの駆除と環境の再構築ということになる。

 エンドポイントのセキュリティエージェントには、他のソフトウェアパッケージと同様に、計画、導入、維持、監視、再ライセンス、更新、削除などといった管理が必要だ。あなたはセキュリティソフトウェアの使い方を学ぶ必要がある。なぜなら、設定を間違ったセキュリティ製品は価値がないだけでなく、攻撃を誘発しかねないからだ。セキュリティエージェントにはコストも掛かる。予算が厳しい昨今、あなたはIT部門を非生産部門ではなく、生産部門のように見せなければならないというプレッシャーを負っていることだろう。

 それに、「転ばぬ先のつえ」ということわざを聞いたことがあるだろう。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news042.jpg

訪日外国人観光客が礼賛、おもてなし力が高い日本の都市トップ10――Airbnb調査
訪日外国人旅行者の目的が体験型消費に移行しつつあるといわれる中、どのような都市が高...

news033.jpg

Facebook日本進出から10年、個人情報不正利用問題が広告事業に与える影響は?
Facebook日本進出10周年に当たり、フェイスブックジャパンは記者向けの説明会を開催。気...

news114.jpg

LINE、QRコード読み込みで即時抽選ができる店頭販促支援サービス「LINEインスタントウィン」を提供
LINEは、「LINE」を活用した店頭販促ソリューション「LINE SP Solutions」の新メニューと...