2011年04月22日 18時00分 UPDATE
特集/連載

iPad 2が本当に必要か?今こそ初代iPadを購入するチャンス……かも

最新モデルが欲しいという気持ちは分かる。新しいモデルの方がいいのは確かだが、ものすごくいいというわけでもない。

[Ed Hardy,TechTarget]

 米AppleのiPad 2が発売され、売れ行きは好調だ。だが、少しばかり斬新なことを考えてみてほしい。初代のiPadを購入してはどうだろう。

 Appleの最新かつ最高の製品をなぜ避けろというのか。理由は値段にある。定評のある初代iPadを買えば、相当の節約になる。

 Wi-Fi対応で容量16Gバイトの中古iPadは、状態のいいものがcraigslistで300ドルで売られている。同じ仕様のiPad 2は500ドルとほぼ2倍だ。友人は使用期間が1カ月にも満たないものをゲットした。元の持ち主はどうしてもiPad 2が欲しかったのだ。

 どうしても新品でなければという人は、Verizonを検討するといい。容量32GバイトのWi-FiモデルにMiFiモバイルアクセスポイントとケースを付けて520ドルで販売している。Verizonの3Gサービスに対応した32GバイトのiPad 2なら730ドルだ。初代モデルは月額20ドルの接続料が込みになるが、いずれにしてもデータサービスが必要な場合、それでもお買い得だ。

 他にも考えるべきことはある。周辺機器は初代iPadに合わせたデザインになっていて、iPad 2には合わないものも多い。つまり近いうちに値引き販売されるだろう。良いケースが安く手に入るのだ。

 金銭的理由では動かないというのなら、何週間も待たされるより、今日か明日にも新しいタブレットが手に入るのはどれほどいいことか。iPad 2が在庫切れなのに対し、初代iPadではまずそんなことはない。

iPad 2は初代より優れているのか?

 最新モデルが欲しいという気持ちは分かる。しかしiPadかiPad 2かを考える場合、コストパフォーマンスを検討する必要がある。

関連ホワイトペーパー

iPad | タブレット


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

「F.O.X」で計測したデータを「TREASURE DMP」内で分析可能に
CyberZとトレジャーデータは連携し、スマートフォン広告向けソリューションツール「Force...

news133.jpg

シャノンとソフトブレーンが連携、マーケティングデータを活用した営業支援を強化
ソフトブレーンとシャノンは業務提携し、マーケティングデータを有効に活用し、戦略的な...

news083.jpg

「Adobe Marketing Cloud」などの推奨プラットフォームに「Microsoft Azure」を認定
Adobe SystemsはMicrosoftとの戦略的提携を発表し、「Microsoft Azure」を同社のクラウ...