2011年07月21日 09時00分 UPDATE
特集/連載

BIのモバイル対応は単なるトレンドか?【前編】BIのiPad/Android対応がユーザーに与えるメリット

2011年5月から7月にかけて、複数のベンダーがBI製品のスマートデバイス対応に関する発表を行った。前編ではBI専業ベンダー2社の発表を基に、そのメリットをひも解く。

[納富友三,TechTargetジャパン]

 2011年5月から7月にかけて、4社のビジネスインテリジェンス(BI)ベンダーがメディア関係者を集めたカンファレンスや発表会を開催し、BI製品のスマートデバイス対応を語った。発表が相次ぐ状況を見ると、BI製品のスマートデバイス対応は1つのトレンドとなっているようだ。そこで本稿では2回に分けて、マイクロストラテジー・ジャパン、クリックテック・ジャパン、SAPジャパン日本オラクルの発表会の内容から、BI製品のスマートデバイス対応がユーザーにもたらすメリットを探りたい。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...