2011年07月28日 09時00分 UPDATE
特集/連載

仮想マシンのI/Oスタックを理解するHyper-V性能向上の鍵になるドライバ選択のヒント

Hyper-Vで提供される完全統合型のドライバセット「Synthetic Drivers」は、Hyper-Vの性能を出すのに重要な役割を果たす。以下では、Hyper-Vを使った仮想マシンの性能向上に関するヒントが書かれている。

[Eric Beehler,TechTarget]

 進化を続けている米Microsoftの仮想化プラットフォーム「Hyper-V」の鍵の1つには、仮想マシン(VM)がハードウェアと通信する際の性能向上がある。だがシステム管理者の中には、Hyper-Vに直接関係していると思われる性能レベルに不満を抱いている向きも少なくない。実際のところ、そうした性能面の懸念は、仮想マシンのI/Oスタックを理解し、I/OスタックがHyper-Vとどのように通信しているのかを理解すれば解消されるはずのものだ。

関連ホワイトペーパー

Hyper-V | Windows Server 2008 R2 | 仮想化 | VoIP


ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...