2011年10月04日 09時00分 UPDATE
特集/連載

iPadで電子カルテ、ネイティブアプリと仮想アプリのメリットを比較(後)医療機関がiPad導入時に検討すべき点

従来のコンピュータと比べて、iPadの導入は大幅なコストダウンにもつながると考える医療機関が多い。実際に導入を検討する際のポイントを紹介しよう。

[Don Fluckinger,TechTarget]

 前回の「iPad対応電子カルテのメリットとデメリット」に続き、医療機関がiPadを使用する際にネイティブアプリと仮想デスクトップのどちらを用いるべきかを実例を基に考察する。

独自アプリ開発の実例

 カナダ最大の大学病院Ottawa HospitalでCIOを務めるポッター氏は、「iPadのタッチスクリーンOSは効率性が高く、しかも従来のコンピュータと比べてiPadはコストの大幅な節約にもつながる」との考えから、iPadの採用を決定した(関連記事:孫社長も驚いた「医療現場のiPad/iPhone活用」最前線)。これまでに同氏は臨床医向けにiPadを数千台購入しており、さらに124人のソフトウェア開発者を雇い入れ、同病院で従来使用しているOasis Healthware EHRシステムをiPadに移植する作業を進めている。

 同氏はこの決定を下す前に、数社のベンダーによるコンピュータ医師オーダーエントリ(CPOE)のデモも見たという。だが同氏には、いずれの実装もお粗末に思えた。そこで同氏は取締役会に対し、「成功例と見なせるような実装事例を目にするまでは、どのソリューションのロールアウトも統括しない」との考えを伝えたという。

 偶然にも、その会議と時を同じくして初代iPadがリリースされた。ポッター氏が4台のiPadを使ってテストを行ったところ、臨床チームやITチームのリーダーから「うまくいきそうだ」との太鼓判を押されたため、同氏は現在のプロジェクトに着手した。また同氏はこのプロジェクトの始動に先立ち、仮想環境を用いた当初の2週間のテストよりもさらにスムーズなシステムを実現すべく、リソースを注ぎ込んだ。

 「テストに参加した医師らの感想は、“仕事のやり方を根本から変えることになるだろう”というものだった」とポッター氏は言う。とはいえ、医師らが仮想インタフェースと格闘するのを見るのは心苦しかった、と同氏。もっとも、医師らはiPadを使って医療画像やカルテなどを見る方法をうれしそうに周りに披露していたという。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...