2011年12月27日 09時00分 UPDATE
特集/連載

仮想化はDR計画を簡素化する見過ごしがちなLANのディザスタリカバリ、今後のカギは「仮想化」

企業の重要なインフラであるLANは、多くの企業において災害対策が不十分な傾向にある。米国のアナリストに、LANのディザスタリカバリを進める上で考慮すべき点を聞いた。

[Jeff Boles,TechTarget]

 企業内LANのディザスタリカバリ(DR)計画の重要性は見過ごされがちだ。だが実際、IT機能の多くはLANに依存している。米Taneja Groupの上級アナリスト、ジェフ・ボールズ氏は最近、米TechTargetの編集者アンドリュー・バートンの取材に応じ、ネットワークの「縁の下の力持ち」であるLANのDR計画をどう準備すべきかについて語ってくれた。そうした作業を仮想化によって効率化できるかどうかについても話は及んだ。

―― LANのDRは何からスタートすべきなのでしょうか?

ボールズ氏 多くの企業において、特に中堅・中小企業(SMB)においては、物理LANの災害時対策が十分でない傾向にあります。LANは常に正常に動作していて当然と思われているのです。LANの修復や復旧をどのように行うかということについては、あまり検討が行われていません。手始めとしては、ごく基本的なレイアウトと構成をキャプチャーすることから取り掛かるといいでしょう。現場で働く人たちを見れば、特に重要なのは接続文書を作成してスタッフがオフィスやネットワーク環境内のどこへ行くのかを理解し、物理的接続について大体を把握できるようにすることであることが分かります(関連記事:ネットワーク管理者のためのディザスタリカバリ計画チェックリスト)。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...