2012年01月19日 09時00分 UPDATE
特集/連載

仮想化時代のネットワークセキュリティ製品【後編】仮想ネットワークの安全性確保に役立つセキュリティ製品5選

仮想環境向けのネットワークセキュリティ製品が充実しつつある。本稿は、Juniper NetworksやVMware、専業ベンダーが販売する5製品を解説する。

[Crystal Bedell,TechTargetジャパン]

 前編「仮想ネットワークの安全性を物理環境と同等に高める方法」では、仮想環境においては物理環境向けのセキュリティ対策がそのままでは通用しないケースがあることを指摘。仮想環境の特性を考慮した対策が重要であることを説明した。

 後編は、VMwareや専業ベンダーなどが販売する仮想環境向けのネットワークセキュリティ製品を説明する。

VMware vShield

 VMwareのセキュリティ製品群「VMware vShield」は、ファイアウォールやVPN、ロードバランサなどを含む仮想アプライアンス「vShield Edge」、仮想マシンレベルのファイアウォール製品「vShield App」、アンチマルウェア製品「vShield Endpoint」で構成されている。

 VMware vShieldの各製品が備える特徴を以下に示す。

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news082.jpg

「TikTok」にも対応、TWIN PLANETと電通デジタルが「MOVIE GENIC 2.0」を提供開始
TWIN PLANETと電通デジタルは、インフルエンサーの動画広告を制作・配信するソリューショ...

news061.jpg

Amazon独走にWalmartが待ったをかける、海外小売業の最新動向
今、世界の小売業のデジタルシフトはどこまで進んでいるのか。業界事情に詳しいエキスパ...

news024.jpg

目標管理はExcelか紙が7割、アナログ過ぎる日本の職場の現実――HRBrain調べ
HRBrainは「目標管理の実態と従業員の本音に関する意識調査」を実施しました。