2012年01月25日 09時00分 UPDATE
特集/連載

Windowsメモリ管理の勘所(後編)メモリ割り当てから解放までのメモリライフサイクル

Windows上でプログラム(プロセス)が起動されると、メモリの中では何が起こるのか。プロセスの起動から終了までに行われるメモリ操作を見てみよう。

[Gary Olsen,TechTarget]

 前編「32/64ビットWindowsのメモリ割り当てと仮想アドレス空間」では、32ビットおよび64ビットのWindowsにおけるメモリ割り当ての概要を解説した。後編では、あるプロセスに着目してメモリ管理機構の動きを追ってみる。

メモリの予約

 プロセスは起動時に、開発元がコードに指定している量のメモリを予約するが、これには物理リソースはほとんど必要ない。これはホテルの予約と似ている。予約をするには、システムに予約内容を入力し、客と話をする時間が少し必要なだけだ。客が到着するまで、部屋が専有されることはない。

 メモリのコミットは、プロセスがメモリマネージャに予約したメモリ(RAMおよびページファイル)を要求した時点でなされる。ホテルの例で言えば、ホテルのチェックインに当たる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news064.jpg

シャノンの「イベント受付来場認証」がPepperと連携
シャノンは、MAツール「SHANON MARKETING PLATFORM」において、展示会・イベントの来場者...

news014.jpg

SalesTech最前線 世界の主要サービスを一気見
AdTech、Martechに続く注目分野であるSalesTechの現状はどうなっているのか。各領域の主...

news106.jpg

「Gotcha!mall」が「LINE」と連携
グランドデザインは、スマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall(ガッ...