2012年01月26日 09時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドが変えるモバイルアプリ開発【前編】モバイルクラウドアプリ開発前に検討すべき7つのポイント

モバイル端末で扱うデータ量の増大に伴い、クラウドの能力を生かしたモバイルアプリの重要性が高まる。前編は、クラウドを利用したモバイルアプリ開発で検討すべき点を示す。

[Bill Claybrook,TechTarget]

 アプリケーションやデータがクライアント端末からサーバに移動しつつある現状を踏まえると、クラウドコンピューティングとモバイルコンピューティングは並列的なテクノロジーといえる。モバイル端末で社内アプリにアクセスするユーザーが増えるとともに、処理すべきデータは飛躍的に増加する。そうしたデータの奔流は、バックエンドシステムにおけるコンピュータリソースのニーズを拡大させるだろう。クラウドは、サーバコンピューティングのスケールを拡張する効率的な手段だ。

 「モバイルクラウド」は基本的に、モバイル端末を管理する機能が追加されたクラウドだ。多くの企業は、従業員がスマートフォンタブレットを使い、電子メールや予定表にアクセスすることを許可している。しかし、従業員がこうしたモバイル端末でミッションクリティカルなアプリや企業の機密データにアクセスすることを許している企業は非常に少ない。モバイル端末との互換性を持つように設計されたミッションクリティカルなアプリはほとんどないのが実情だ。

 国際的海運業者のMatson Mavigationをはじめとする一部の先進的なユーザー企業は、自社の顧客がiPhoneやAndroid搭載スマートフォンを使って運送スケジュールにアクセスしたり、コンテナの輸送状況を知らせるメールを受け取るアプリを開発している。それらはモバイル端末にデータを表示することはできるが、ダウンロードはできないという典型的なアプリだ。

モバイルアプリ開発を再考する

 モバイル端末の統合化を目指す企業は、アプリの設計や開発、管理、保守を再検討する必要がある。例えば、次のようなことを決定しなければならない。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news012.jpg

若者の夏休み離れ? 大学生の3割が「夏休みは楽しみではない」――Dpick調べ
Dpickが大学生を対象に「夏休みに関する意識調査」を実施しました。

news128.jpg

就職人気企業の採用担当者が重視するのは「クリエイティビティー」と「デジタルリテラシー」――アドビ調査
アドビ システムズ(以下、アドビ)は、日本に所在する企業の人事担当者を対象とした「新...

news064.jpg

「コードアワード2018」大賞はPerfume出演5G実証実験
D2Cは、デジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2018」の最終審査を行い、ファイ...