2011年04月06日 09時00分 公開
特集/連載

モバイルとクラウドの同時活用が企業IT成功の鍵モバイル向けセキュリティとともに考えるITサービス

コミュニケーションやコラボレーション環境の変革を検討する担当者に向けて、ソーシャル、モバイル、ポータルなどに代表される次世代コラボレーション環境を実現するソリューションを、目的や課題別に分かりやすく紹介する。

[Susan Fogarty,TechTarget]

 タブレット端末が激流となってモバイル化の波をもたらしている。モバイルセキュリティサービスも必須になり、ネットワークソリューションプロバイダーはこれに応える準備が必要だ。モバイルセキュリティは大きなチャンスであり、企業は正しく理解する必要があると、ITソリューションサービスプロバイダーの英Dimension Dataで主席セキュリティコンサルタントを務めるニック・アルバニティス氏は解説する。

 ただしタブレット端末とモバイルセキュリティに関連したサービスを提供する上で、ソリューションプロバイダーは単なるモバイルにとどまらない助言を顧客に提供することが求められる。モバイル化が顧客の事業にもたらすメリットを理解し、全てのテクノロジー分野全体に及ぶことを理解する必要がある。

――ソリューションプロバイダーがモバイル向けのセキュリティサービスを提供するメリットはなんでしょうか。

アルバニティス氏 ソリューションプロバイダーが果たすべき中心的な役割は助言者としての役割です。モバイル化をめぐって、そしてモバイルでできることとできないことをめぐっては不明瞭な部分が多い。それぞれの組織が個別の懸念を抱えており、成熟度もさまざまです。私たちはライフサイクル全体を網羅しようと努めています。まずガバナンス、リスク、コンプライアンスに関するコンサルティングサービスから始め、それにモバイルがどのような影響を与えるのか考えます。次にポリシーとアーキテクチャに進む。私たちは適切なモバイルポリシーの策定において組織を支援でき、そのポリシーをモバイル端末に強制する上で提供できる技術とサービスを持っています。

 それが完了したら鍵となるのはテストと評価です。ソリューションプロバイダーは設定をチェックし、アプリなどのセキュリティ対策を評価するサービスを提供できます。ただし、ソリューションプロバイダーが案内役を果たして組織がそのライフサイクルのどこにいるのか、どこで案内が必要なのかを理解する手助けをし、オプションを探ることが重要です。技術だけで問題に対処しようとするのは大きな誤りだと思います。

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

小嶋陽菜さんが作りたかったコミュニティーとしてのD2Cブランド「Her lip to」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想につい...

news126.jpg

コロナ禍で問い合わせ「増えた」消費者が4割、LINEやZoomなど手段も多様化――モビルス調査
新型コロナの影響で変わる消費者の問い合わせ動向調査です。