2012年03月05日 09時00分 UPDATE
特集/連載

従量課金モデルに期待を寄せるSAPの顧客【前編】SAPの顧客は「費用に見合う価値を得ていない」が従量制にも課題

SAPの顧客の一部から、従量課金制を求める声が上がっている。従量課金制はIT投資の最適化につながるのか? ライセンス方式の変更はユーザー企業に何をもたらすのだろうか。

[Todd Morrison,TechTarget]

 独SAPの一部の顧客は、同社の従来の価格モデルに代わる新たなモデルを求めている。例えば、ソフトウェアを使った分だけ料金を支払う従量課金制などが含まれる。

 こうした代替モデルを求めている1人であるドン・ホイッティントン氏は、甘味料や代替糖のメーカーである米Florida Crystalsの最高技術責任者(CTO)を務めている。

 ホイッティントン氏は、課金方式が変わってきている例として、仮想化・クラウドサービスプロバイダーの米Virtustreamを引き合いに出した。同社は従量制のオプションを顧客に売り込んでいる。同じく仮想化ベンダーの米VMwareも、同様の選択肢を試験的に顧客に提供しようとしていると報じられている。こうしたモデルは、SAPのオンプレミス(自社設置型)アプリケーションにも適用できるのではないかと、ホイッティントン氏は語った。さらに、ライセンシングの問題は、SAPソフトウェアの迅速な導入展開の妨げになることがあると付け加えた。

 「従来のモデルは固定的な面があり、やや硬直的だ。ソフトウェアは、いったん導入したら長年使い続けるものだという前提に立っているからだ。だが、仮想環境への移行が進むとともに、試してから買うのに適した課金方式でのソフトウェア提供が拡大すると思う」とホイッティントン氏は語った。「そして、ソフトウェアを導入・運用して、気に入ったら料金を払い続けるということが可能になる。使った分だけ支払う従量モデルのおかげだ。使っていれば料金を払い、使うのをやめれば支払いがなくなり、たくさん使えばたくさん払うというわけだ」

 ホイッティントン氏だけではない。SAPの他の顧客からも同社の価格モデルへの不満の声が出ており、その背景には、同社のソフトウェアは、利用度から見て価格が高過ぎるという認識があると、米Forrester Researchのアナリスト、ダンカン・ジョーンズ氏は語った。

 「彼らは費用に見合う価値を得ていないように感じている」(ジョーンズ氏)

SAPソフトウェアで従量制料金は成り立つか

 だが問題は、SAPソフトウェアの従量制ライセンスモデルを構築するのが想像以上に難しいことだと、ジョーンズ氏は指摘する。従来のようなライセンス料ではなく、ユーザーごとの実際の使用状況に基づく料金を支払うのは、魅力的に思えるが、この方式にはマイナス面も多いという。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...