2011年11月15日 09時00分 公開
特集/連載

Oracleライセンス料節約のポイントOracleのライセンス手法の基礎知識(前編)

Oracleのライセンス費用を抑えたいと考えている企業は、選択肢が理不尽なほど少ないと感じている。果たして、ライセンス費用を節約することは可能なのか?

[Eric Guyer,TechTarget]

 米Oracleのソフトウェアの年間ライセンス費用を抑えたいと考えているIT部門は、深くて暗い穴に放り込まれたように感じているのかもしれない。多くの企業は選択肢が理不尽なほど少ないと感じており、10年あるいは20年にもわたる契約に関する決定を白紙に戻す方法はないものかと考えている。

 Oracleがソフトウェアライセンスの更新と製品のサポートで大きな収益を得ているのは驚くに当たらない。高額で柔軟性に欠けるサポート更新は、Oracleに対する最大の不満の原因となっている。しかし意外なことに、多くのユーザー企業は無意識にこういった高額の年間費用が発生する状況に加担しているのだ。

関連ホワイトペーパー

Oracle(オラクル) | サーバ


ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...