不要なMicrosoftライセンスの節約効果は数百万ドル!?部門別:Microsoftライセンス攻略(後編)

コンプライアンスの面からもライセンスの知識は不可欠だが、ライセンスを適切に管理することで無駄を省き、費用を大幅に節約することも可能になる。

2011年09月01日 08時00分 公開
[Paul DeGroot,TechTarget]

 「ライセンス管理」には、ソフトウェアの不正使用を防ぐといったコンプライアンス面の目的が強調されるが、費用の削減といったメリットもある。レイオフを検討する前に、無駄なライセンス契約の見直しをしてみる価値がある。

 前編「システム管理者に要求されるMicrosoftライセンスの知識」に引き続き、IT管理部門、ソフトウェア資産管理部門、調達部および業務部、経営陣が知っておくべき事項について解説する。

IT管理部門

 組織(ひいては組織のテクノロジー)の実際の機能に即してライセンスが考えられていることはほとんどないため、IT部門全体でソフトウェアライセンスについて多大な専門知識が必要になる。一般に、組織が大きくなって、IT部門のセクションが分化すればするほど、ライセンスの専門知識は重要になり、フルタイムの担当者が必要になる。ライセンス担当者は、以下の事項が求められる。

ITmedia マーケティング新着記事

news014.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年5月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news129.jpg

SNSアカウントのビジネス貢献を明らかにするための調査サービス テテマーチが提供
フォロワーの属性や状態を明確に把握し、彼らの態度や行動を変容させるためにSNSがどう寄...

news096.jpg

Googleの「サーチトランスフォーメーション」で広告はどう変わる?
Googleは広告主向けの年次イベント「Google Marketing Live 2024」において、広告やコマ...