2011年09月01日 08時00分 公開
特集/連載

不要なMicrosoftライセンスの節約効果は数百万ドル!?部門別:Microsoftライセンス攻略(後編)

コンプライアンスの面からもライセンスの知識は不可欠だが、ライセンスを適切に管理することで無駄を省き、費用を大幅に節約することも可能になる。

[Paul DeGroot,TechTarget]

 「ライセンス管理」には、ソフトウェアの不正使用を防ぐといったコンプライアンス面の目的が強調されるが、費用の削減といったメリットもある。レイオフを検討する前に、無駄なライセンス契約の見直しをしてみる価値がある。

 前編「システム管理者に要求されるMicrosoftライセンスの知識」に引き続き、IT管理部門、ソフトウェア資産管理部門、調達部および業務部、経営陣が知っておくべき事項について解説する。

IT管理部門

 組織(ひいては組織のテクノロジー)の実際の機能に即してライセンスが考えられていることはほとんどないため、IT部門全体でソフトウェアライセンスについて多大な専門知識が必要になる。一般に、組織が大きくなって、IT部門のセクションが分化すればするほど、ライセンスの専門知識は重要になり、フルタイムの担当者が必要になる。ライセンス担当者は、以下の事項が求められる。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。