2012年03月21日 09時00分 UPDATE
特集/連載

PaaSを3つに分類注目のPaaSを一挙に紹介! 〜Cloud Foundry、OpenShift、Herokuなど

Cloud FoundryやOpenShift、Herokuなど、今注目のPaaSを一挙に紹介する。主要コンポーネント、対応言語やデータベース、想定用途などをまとめた。

[林 雅之,NTTコミュニケーションズ]

関連キーワード

PaaS | Force.com | Amazon Web Services | Heroku | IaaS


 クラウドサービスのIaaSレイヤーの競争激化に伴いコモディティ化が進み、クラウドサービスの主戦場がPaaSレイヤーに一部シフトしつつある(関連記事:2011年クラウド業界を振り返る 〜IaaSの発展、混沌としたPaaS業界の行方)。PaaSはIaaSレイヤーとの連携や一体化が不可欠であり、PaaSの種類によって提供される機能やサービスモデルは大きく異なる。

 本稿では「Open PaaS」「複数のIaaSに対応するPaaS」「Proprietary PaaS」の3カテゴリに分類し、クラウド利用促進機構(CUPA)とNTTコミュニケーションズが共同で開催したオープンクラウドキャンパス テクノロジーミーティングのアンケートでユーザーの関心度が高かったPaaSを中心に、サービス概要を解説する(Open PaaSとProprietary PaaSの違いについては、オープンソースのPaaSはなぜ注目されるのか 〜Open PaaSの魅力と課題を参照)。

 PaaSを3つに分類(☆印は、記事で扱うサービス)
PaaSの分類 主要なPaaS
Open PaaS ・Cloud Foundry(ヴイエムウェア) ☆
・OpenShift(レッドハット) ☆
複数のIaaSに対応するPaaS ・DotCloud ☆
・Heroku(セールスフォース・ドットコム) ☆
・C4SA(リアルグローブ) ☆
Proprietary PaaS ・AWS Elastic Beanstalk(Amazon.com)
・Google App Engine(グーグル) ☆
・Force.com(セールスフォース・ドットコム) ☆
・Windows Azure(マイクロソフト)

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

2016年夏のテレビ的「話題」と「問題」
リオ五輪で注目を集めた日本人選手、パラリンピック選手の競技環境、テレビが健康に及ぼ...

news083.jpg

マーケティングオートメーション「B→Dash」が「Sansan」「kintone」と連係開始
フロムスクラッチが開発・提供するマーケティングオートメーションプラットフォーム「B→...

news028.jpg

Act-on Softwareのマーケティングオートメーションを月額9万円で提供
MKTインターナショナルは、Act-on Softwareと販売パートナー契約を締結し、同社が提供す...