2012年04月24日 09時00分 UPDATE
特集/連載

タレントマネジメント製品紹介【第2回】「仕事の仕方はSNSで学ぶ」、Cornerstoneが考える社員教育の将来像

多くのタレントマネジメント製品がある中、「Cornerstone OnDemand」の特徴は教育を通して個人の成長支援にフォーカスしている点だ。単なる社員データベースとは異なるタレントマネジメントの新形態とは。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 今回紹介するタレントマネジメント製品は「Cornerstone OnDemand」。これまで紹介してきた2つのタレントマネジメント製品「SuccessFactors」「SilkRoad」と比較して、Cornerstoneはどう違うのか。同製品の国内唯一の販売代理店であるイー・コミュニケーションズのソリューション事業部長 川野政志氏は、「一番の違いは、CornerstoneがLMS(ラーニングマネジメントシステム:学習管理システム)から立ち上がったシステムということ。そのため最も得意な領域は教育で人間を成長させることだ」と話す。

SNSで社員の成長を促す

 Cornerstone OnDemandは同名の米国企業が開発したタレントマネジメント製品。マルチテナント型のSaaSとして稼働する。「学習管理」「SNS」「パフォーマンス管理」「後継者計画」の4つのモジュールがある。世界では805社、750万ユーザーが利用。アジアだけでも50万ユーザーが使っているという。国内では、教育関連システムを開発してきたイー・コミュニケーションズが2011年5月から取り扱っており、現時点で500件以上の引き合いが来ているという。

Cornerstone OnDemandの主な機能
カテゴリー ソーシャル機能 学習機能 成果管理機能
主な機能 企業内SNS
ソーシャルラーニング
コラボレーション
職場交流
新入社員育成
学習管理
能力開発計画
LCMS
実績管理
コンピテンシーと目標設定
キャリア設計
後継者育成管理

 「当社はナレッジイノベーションカンパニーとして、人の成長を支援したいとの思いが強い。成長のためには特定の領域について自分の能力の現在地を知り、目標となるゴールを決める。そして足りない点を補うことが重要だ」(川野氏)

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

認知度86.5%、言葉だけは知られている「民泊」――クロス・マーケティング調査
民泊初利用のきっかけは、口コミが27%を占めるようです。

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。