2012年05月17日 09時00分 UPDATE
特集/連載

トランザクションごとの課金体系の違いに注意値下げされるクラウドストレージ料金に潜む「隠れコスト」

基本料金の値下げが進むクラウドストレージ。しかし、トランザクションの追加料金が原因で、実際には運用コストが増えてしまった企業もいる。実装後もその料金には目を光らせておくことが重要だ。

[Rachel Kossman,TechTarget]

 クラウドストレージの利用料金が日に日に安くなっているように感じていないだろうか。実際、Amazon.comGoogleMicrosoftがそれぞれクラウドストレージ料金の値下げを発表し、1Gバイト当たりの基本の月額料金を平均1〜2セント引き下げている。ユーザーにとっては、最大15%のコスト削減につながる。ただしこうした値下げの一方で、クラウドストレージにはトランザクションの回数に応じて支払う追加料金があることを理解しておくことも重要だ。

 米医療機器メーカー「MedPlast」は1年前に初めてクラウドストレージソリューションに切り替え、米StorSimpleのストレージアプライアンス「StorSimple 5010」を使って、Amazonの「Amazon Simple Storage Service(S3)」にデータを移すことにした。MedPlastのITディレクターを務めるダン・ストロイフェルト氏は、その後しばらくして、Amazonに支払う料金が突然増えたことに気付いたという。

 「S3のストレージ自体よりも、トランザクションに3〜5倍ほど大きな額を支払っていることが分かった」と同氏。

 同氏はその後すぐに原因を突き止めた。わずか1カ月の間に、StorSimpleアプライアンスがAmazon S3に対し「PUT」「COPY」「POST」「LIST」のリクエストを計3200万回あまり実行していたのだ。トランザクションの料金は「GET」については1万回当たり1セントだが、PUT、COPY、POST、LISTについては1000回当たり1セントと、10倍になっている。こうした料金体系が原因で、MedPlastは1カ月に300ドル以上ものトランザクション料金を請求されることになったのだ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

Sansan 石野真吾氏がMarketo主催アワードで「Marketer of the Year」を受賞
庭山一郎氏が相棒であるミミズクの「ノヤン先生」とともに米国へ出張。ITmedia マーケテ...

news091.jpg

国内通販市場は2017年に10兆円超え、ECが8割を占める
富士経済は、ECへ集約しながら成長を続ける国内の通販市場(B2Cの物販)を調査、分析した...

news015.jpg

デジタルマーケティングを構築するための定石(後編)
デジタルマーケティングの課題に対して解決策とヒントを教える書籍『デジタルマーケティ...