2012年05月23日 09時00分 UPDATE
特集/連載

「第3回クラウドコンピューティングEXPO」リポートタイムカードもクラウド化――クラウドEXPOで見た最新業務アプリ事情

クラウドコンピューティングEXPOでは、さまざまな業務アプリケーションのクラウド化の事例を多く見ることができた。どのようなサービスがあり、ユーザーメリットは何なのか。特徴的なサービスを紹介する。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 東京ビッグサイトで2012年5月9日〜11日の3日間開催されたIT関連の総合展示会「Japan IT Week 2012春」。専門展示会の1つ「第3回クラウドコンピューティングEXPO 春」では、クラウドを活用した業務アプリケーションの展示を多く見ることができた。注目を集めた展示を紹介する。

 電通国際情報サービス(ISID)は、定番の連結会計ソリューション「STRAVIS」をクラウド経由で利用できる「STRAVIS on CLOUDiS」を展示した。STRAVIS on CLOUDiSは5月9日に発表したばかり。STRAVIS on CLOUDiSではユーザー企業がサーバなどのハードウェアやシステム運用管理のコストを負担する必要なく、連結会計ソリューションを利用できる。

 STRAVIS on CLOUDiSを稼働させるクラウドインフラとしては、「Amazon Web Services」(AWS)を利用。STRAVISのバージョンアップやサーバなどのシステム運用管理はISIDが行う。ユーザー企業は通常通りSTRAVISのライセンスを購入する必要があるが、ISIDでは「将来はライセンス購入が不要で月額課金などで利用できる廉価版の提供も検討している」と話した。

画像 STRAVIS on CLODiSの構成

 定番ソリューションのクラウド化は他でも見られた。プロシップは、固定資産管理ソリューション「ProPlus」のクラウド版「ProPlus for C-x」を展示した。ProPlusは3300社以上が利用している固定資産管理のソフトウェアで、リース資産の管理などにも利用される。日本企業の固定資産管理は税法などの関係で複雑なため、「SAP ERP」などの統合ERPを使っている企業でも、固定資産管理だけはProPlusなどの国産製品を使っているケースが多い。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

シェアエコノミー――「交換価値」から「使用価値」へのシフトで社会全体のエクスペリエンスを最適化する
顧客の過去・現在・未来のエクスペリエンスは「データ」を媒介にして1本の「時間」の軸で...

news021.jpg

ソーシャルビッグデータで占う東京都知事選、現在の情勢は?
「調査のチカラ」にストックされた8万件の調査データをさまざまな角度から紹介する週末企...

news135.jpg

シャノン、「イベントマーケティングアナリティクス」を提供開始
シャノンは、マーケティングオートメーションツール「SHANON MARKETING PLATFORM」に、イ...