2012年07月02日 09時00分 UPDATE
特集/連載

複数元帳対応の「Oracle E-Business Suite」選定【事例】トップダウンで始まった楽天銀行のIFRS対応、会計システム刷新を追う

インターネット専業銀行の楽天銀行がIFRS対応のために会計システムを刷新した。導入期間は1年間。製品選定や要件定義、テスト工程を楽天銀行の担当者が説明する。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

トップダウンでIFRS適用を決定

 楽天グループのインターネット専業銀行、楽天銀行が会計システムを刷新した。刷新の狙いは楽天グループ全体のIFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)対応だ。導入期間はこの規模のシステム開発では短期間となる1年だった。限られた期間と高い要求水準の中で、楽天銀行はどう会計システムを選定し、どう導入したのか。プロジェクトの担当者が説明する。

画像 楽天 経理部 部長の大塚年比古氏。楽天銀行の前執行役員財務本部長で2012年5月に楽天の経理部長に就任した

 楽天グループ自体はIFRSの適用時期を明確にしていないが、「トップダウンで(楽天 代表取締役会長兼社長の)三木谷が任意適用をやるぞと言っている」(楽天 経理部 部長の大塚年比古氏)。既に楽天グループ全体でIFRS適用プロジェクトが始まっているという。金融機関の楽天銀行はIFRSを適用するための課題が多く、先に取り組むことにした。大塚氏は楽天グループ全体のIFRS適用プロジェクトにも参加している。

 「楽天が海外進出するに当たって、資金調達やM&Aの株式交換などが増え、われわれの財務諸表を海外投資家に見てもらうことが多くなる。その場合、IFRSの方が企業グループの実態をより明確に見てもらえる」

 IFRS適用に当たって刷新、導入したのは楽天銀行の主に3つのシステムだ。1つはバックエンドの勘定系システム、IFRSの金融商品会計に対応した新日鉄ソリューションズのパッケージ「BancMeasure for IFRS」、そして会計システムだ。新しい会計システムは日本オラクルERPパッケージ「Oracle E-Business Suite」(Oracle EBS)の一般会計モジュールと、Oracle EBSのフロントエンドとなる電通国際情報サービス(ISID)の「σ-FORCE」(シグマフォース)で主に構成する。新会計システムの導入はISIDが支援した。

アドオン開発は極力避ける

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

サイバーエージェント、ブランド広告特化の「CA本部DSP」でネイティブ動画フォーマットに対応
サイバーエージェントは2017年2月21日、同社が提供するブランド広告企業向け広告配信サー...

news075.jpg

電通とISID、高精細4Kデジタルサイネージの実証実験でB.LEAGUE試合映像をライブ配信
電通とISIDは、東京・渋谷で高精細4Kデジタルサイネージの実証実験「4K@SHIBUYA」を実施...

news069.jpg

イノーバとピー・ディー・アールが協業、コンテンツマーケティングとインサイドセールスをワンストップで提供
イノーバはこのほど、インサイドセールスのコンサルティング企業ピー・ディー・アールと...