2012年07月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドとオンプレミスの認証連携も可能に【製品動向】「付せんでID管理」を一掃するシングルサインオン(SSO)

一度の認証で複数のシステムにログイン可能にする「シングルサインオン(SSO)」製品。クラウドの普及であらためて注目が集まるSSO製品の動向を解説する。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 企業が直面するセキュリティ課題の1つが、管理すべきID・パスワードの急速な増加だ。「クラウドの普及やスマートフォンの登場による端末の多様化で、ID・パスワードの数が急増している。従業員が複数のID・パスワードを安全に管理するのはもう限界だ」。ガートナー ジャパンのセキュリティ担当リサーチディレクターである石橋正彦氏はこう話し、従業員任せのID・パスワード管理に苦言を呈する。

 従業員がID・パスワードを管理しきれなくなるとどうなるか。クライアントPCのディスプレーに、ID・パスワードを書いた付せんを貼り付けるなど、セキュリティ上問題のある運用が常態化しかねないだろう。こうした事態を防ぐ有力な手段の1つが、1組のIDとパスワードで複数のシステムにログイン可能にする「シングルサインオン(SSO)」製品である。従業員に複数のID・パスワードを管理させる必要がなくなるため、利便性と安全性が同時に高められる。

 本稿は、今あらためて注目すべきSSO製品の現状や動向を解説する。

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。

news135.jpg

カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスが提携
カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスは提携し、テレビCMとデジ...