2012年09月14日 18時30分 UPDATE
特集/連載

どうなるBlackBerry MessengerサービスIBMによるRIM買収のうわさ――BlackBerryは幕引き?

米国で、「IBMがRIMを買収する」という可能性が取り沙汰されている。実現すればBlackBerry OSや端末の開発は終了し、定評のある「BlackBerry Messengerサービス」がiPhoneやAndroidに開放されるかもしれない。

[Tim Scannell,TechTarget]

 大物たちがたくらむ驚くべき陰謀や策略、あるいは起死回生の秘策など、物々しい言葉がしきりに飛び交っている。テレビドラマの話ではない。1年以上にわたってカナダのResearch in Motion(RIM)と同社のBlackBerryプラットフォームをめぐって同社を悩ませ続けてきたドラマのことだ。

 そしてここにきて、超大物企業である米IBMによる買収の可能性が取り沙汰されている。これはRIMの救済と解放になるのだろうか、それともBlackBerryという有名ブランドがもうすぐ消滅することを意味するのだろうか。

 かつては「ウォール街の寵児」あるいは「スマートフォンの業界標準」ともてはやされていたBlackBerryだが、今では完全に失速状態に陥って墜落寸前だ。米調査会社IDCによると、全世界のスマートフォン市場でのBlackBerryのシェアは、2011年1〜3月期の13.6%から、2012年の1〜3月期には約6.4%にまで低下した。一方、米Googleと同社のAndroidは日増しに勢いを強めており、2012年1〜3月期の世界シェアは59.0%で、出荷台数は8990万台に達した。

RIMの転機はサービス障害

 RIMに対する批判の1つとして、多彩な競合製品が市場にあふれ返る中で、同社が新しい魅力的な携帯端末で製品ラインを拡張するのが遅れたことが挙げられる。また、世界で最もセキュアな閉鎖型システムの1つであるRIMのBlackBerry Messengerサービスについても、同社の支配が強過ぎたと批判する人もいる。

 RIMにとって最大の転機となったのは、2011年に同サービスが大規模な障害に見舞われ、全世界で一部のサービスが利用できなくなったことだった。これを機に、ユーザーが同サービスの価値に疑問を抱き、競合企業の誘いの声に耳を傾け始めた(関連記事:BlackBerryのシステム障害でiPhoneに傾くヨーロッパ市場)。

 ただ現実には、BlackBerryの技術プラットフォームにはまだ長い寿命と潜在的な可能性が残されており、忠誠心の高いユーザー層も存在する。特に政府部門では、今でも市場が徐々に拡大している。しかし、BYOD(私物端末の業務利用)の動きが拡大する中、政府部門でもAndroid端末を真剣に検討し始めていることをRIMの幹部も認めている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news151.png

スマートフォン向け広告配信サービス「GMO SmaAD」に不正広告対策機能を導入
GMO TECHは、スマートフォン向け広告配信サービス「GMO SmaAD」において、オンライン広告...

news116.jpg

トランスコスモス、Facebook Messengerを利用した新たな顧客コミュニケーションサービスを開始
トランスコスモスは、「Facebook Messenger」を利用した企業と顧客とのコミュニケーショ...

news112.jpg

電通と日経、企業イメージの形成要因を特定する解析サービスを共同開発
電通と日本経済新聞社は、企業イメージの形成要因が特定できる「企業イメージKPIモデル」...