2012年10月15日 08時00分 UPDATE
特集/連載

続々登場するVXLANゲートウェイのメリットと課題 【前編】物理と仮想のネットワークをつなぐVXLANゲートウェイ

「VXLANゲートウェイ」と呼ばれる製品が続々登場している。VXLANというプロトコルで形成する仮想ネットワークと、従来型のネットワークとの間で変換を行うものだ。その運用には課題もある。

[Shamus McGillicuddy,TechTarget]

 ベンダー各社がVXLANゲートウェイの投入を進めている。VXLANゲートウェイは、ソフトウェアベースのネットワークオーバーレイと、そのベースとなる物理インフラ間でネットワークサービスを橋渡しするものだ。

 多くのベンダーが、ソフトウェアによるネットワーク仮想化を実現する方法として、VXLAN(Virtual Extensible LAN)のようなトンネリングプロトコルによるネットワークオーバーレイを提案している。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news108.jpg

「LINE LIVE」にインストリーム広告、配信者に収益を還元
LINEは「LINE LIVE」上の運用型広告「LIVE Video Ads」の提供を開始した。

news098.jpg

「Best Global Brands 2017」が発表、NetflixとSalesforce.comが初のランクイン
インターブランドジャパンは世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2016...

news078.jpg

オールアバウト、ネイティブアドネットワーク「All Aboutプライムアド」を開始
オールアバウトは、総合情報サイト「All About」において、独自の基準で選定したライフス...