2013年02月01日 08時00分 UPDATE
特集/連載

16ビットアプリはもう安心して使えない?レガシーアプリ、Windows 8移行の勘所

16ビットアプリケーションを使い続けている企業も多い中、Windows 8にレガシーアプリケーションを移行する際には、どのような点に留意すればよいのだろうか。

[Serdar Yegulalp,TechTarget]

16ビットアプリケーションは32ビット/64ビットに置き換えるべき

 2012年8月まで「Metro」と呼ばれていたWindows 8のインタフェースのうわさが流れたとき、Windows 8におけるレガシーアプリケーションの動作を懸念する声が上がった。だが、すぐに杞憂にすぎないと分かった。β版がリリースされると、既存の32ビット64ビットアプリケーションの大半はWindows 8で問題なく実行できたからだ。

 しかし、エンドユーザーには分からない課題を企業は抱えている。その1つが、現行OSでは正式にサポートされないレガシー16ビットアプリケーションを使い続ける必要があることだ。Windows 8は 7と同様に、64ビット版では64ビットまたは32ビットアプリケーションしか実行できない。32ビット版では32ビット版と16ビット版のアプリケーションを実行できるが、この先も16ビットサブシステムの存在に頼るのは完全な解決策とはいえない。16ビットサブシステムに、全ての16ビットアプリケーションとの互換性があるとは限らないからだ。

 例えば、回避策はあるとされているものの、16ビット版のCOM(Component Object Model)アプリケーションの問題が報告されている。加えて、16ビットサブシステムがWindowsの今後のバージョンでも提供され続ける保証はない。長期的に考えると、16ビットアプリケーションのコンポーネントを32ビット/64ビットに置き換えることがベストだ。ちなみに、特定の端末にプリインストールされて販売されるWindows RTの場合、ARMプロセッサ向けにコンパイルされたアプリケーション以外は実行できないので注意が必要だ。

デスクトップ仮想化も有効な手段

 既存のアプリケーションを使用する方法としては仮想化も一般的だ。Windows 7ではWindows XP Modeがこれに該当し、Windows Virtual PCを使って仮想マシンにXPをインストールして実行する。ただし、このWindows XPには別途ライセンスが必要だ。

 Windows 8にはWindows XP Modeはないが、類似のソリューションが幾つか存在する。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...