2013年02月05日 08時00分 UPDATE
特集/連載

企業ITとパブリッククラウドの違い【後編】企業ITとクラウド基盤、最大の違いはアプリケーションにあり

パブリッククラウドプロバイダーとユーザー企業ではITのアーキテクチャの在り方が大きく異なる。アプリケーションレイヤーではどのような違いが見られるのか。米Gartnerの調査担当者が語る。

[Alex Barrett,TechTarget]

 前編「Gartnerが語る、企業ITはパブリッククラウドに近づけるのか」では、パブリッククラウドプロバイダーとユーザー企業のアプローチの違いについて、サーバストレージ仮想化データセンター設備といった観点で比較した。後編ではアプリケーションと継続性の観点で比較する。

アプリケーション

 前編「Gartnerが語る、企業ITはパブリッククラウドに近づけるのか」で紹介した革新的手法はいずれも、アプリケーションの設計に対するパブリッククラウドプロバイダーのアプローチが従来と大いに異なることに起因するものだ。

 米Gartnerの調査担当副社長レイ・パケット氏は、「クラウドで真に変革的なレイヤーはアプリケーションレイヤーだ。アプリケーションレイヤーがわれわれをクラウドに向かわせ、われわれに最大のアジリティを与えてくれる」と語る。

 クラウドアプリケーションと一般的な企業アプリケーションでは、作業負荷が根本的に異なる。クラウドアプリケーションはスケールアウトでき、互いにデータを共有せず、ステートレス(Stateless)で非同期通信を行うよう設計されている。それにより、結果的に一貫性が保たれ、結果整合性(イベンチュアルコンシステンシー)を実現できる。クラウド設計者はパフォーマンス強化のためにアプリケーションの階層化やキャッシングを用いる他、SSDFlashなどのハードウェアを追加して、パフォーマンスとレイテンシを改善する。

 ただしここでも、環境を過剰に整備することのないように、リソースを賢明に使うことが重要となる。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...