2013年02月05日 08時00分 UPDATE
特集/連載

企業ITとパブリッククラウドの違い【後編】企業ITとクラウド基盤、最大の違いはアプリケーションにあり

パブリッククラウドプロバイダーとユーザー企業ではITのアーキテクチャの在り方が大きく異なる。アプリケーションレイヤーではどのような違いが見られるのか。米Gartnerの調査担当者が語る。

[Alex Barrett,TechTarget]

 前編「Gartnerが語る、企業ITはパブリッククラウドに近づけるのか」では、パブリッククラウドプロバイダーとユーザー企業のアプローチの違いについて、サーバストレージ仮想化データセンター設備といった観点で比較した。後編ではアプリケーションと継続性の観点で比較する。

アプリケーション

 前編「Gartnerが語る、企業ITはパブリッククラウドに近づけるのか」で紹介した革新的手法はいずれも、アプリケーションの設計に対するパブリッククラウドプロバイダーのアプローチが従来と大いに異なることに起因するものだ。

 米Gartnerの調査担当副社長レイ・パケット氏は、「クラウドで真に変革的なレイヤーはアプリケーションレイヤーだ。アプリケーションレイヤーがわれわれをクラウドに向かわせ、われわれに最大のアジリティを与えてくれる」と語る。

 クラウドアプリケーションと一般的な企業アプリケーションでは、作業負荷が根本的に異なる。クラウドアプリケーションはスケールアウトでき、互いにデータを共有せず、ステートレス(Stateless)で非同期通信を行うよう設計されている。それにより、結果的に一貫性が保たれ、結果整合性(イベンチュアルコンシステンシー)を実現できる。クラウド設計者はパフォーマンス強化のためにアプリケーションの階層化やキャッシングを用いる他、SSDFlashなどのハードウェアを追加して、パフォーマンスとレイテンシを改善する。

 ただしここでも、環境を過剰に整備することのないように、リソースを賢明に使うことが重要となる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news042.jpg

訪日外国人観光客が礼賛、おもてなし力が高い日本の都市トップ10――Airbnb調査
訪日外国人旅行者の目的が体験型消費に移行しつつあるといわれる中、どのような都市が高...

news033.jpg

Facebook日本進出から10年、個人情報不正利用問題が広告事業に与える影響は?
Facebook日本進出10周年に当たり、フェイスブックジャパンは記者向けの説明会を開催。気...

news114.jpg

LINE、QRコード読み込みで即時抽選ができる店頭販促支援サービス「LINEインスタントウィン」を提供
LINEは、「LINE」を活用した店頭販促ソリューション「LINE SP Solutions」の新メニューと...