2013年03月15日 08時00分 UPDATE
特集/連載

二者択一ではなく組み合わせが重要「NoSQL」「RDBMS」を比べて分かる、ビッグデータに適したDBとは?

ビッグデータ活用を進める上で、まず理解すべきなのが「NoSQL」「RDBMS」の2大データベースの特徴だ。これらの違いを理解すれば、適切なデータベースシステムの姿が見えてくる。

[Frank Ohlhorst,TechTarget]

 データ型には、固有の特徴を持つさまざまな種類がある。多様なスキーマ(データ構造の定義)を理解することは、企業が持つ複雑なデータセットを構成する知的財産やトランザクション、その他の要素から大きな価値を引き出そうとしているIT担当者にとって、これまでになく重要になっている。現在、一般的なデータベースはリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)とNoSQL(「Not only SQL」の略)に大別されるが、これらは企業の全てのデータを扱えるのだろうか。

 今日の企業には多種多様なデータがあふれている。構造化/非構造化データ、アーカイブデータ、Indexed Sequential Access Method(ISAM)ファイル、さらにはビデオ、オーディオファイル、各種のログ、ソーシャルメディア情報(ツイートなど)といった具合だ。こうしたデータの管理は大変であり、相互に関連させるのはもっと大変だ。さらにこれらの情報は、量や生成速度、種類が増しており、潜在価値が大きくなっている。

 データの増大が顕著になり、処理方法の再定義が進みつつある。焦点となっているのが、「ビッグデータ」という何の変哲もない名前で呼ばれる膨大で多様なデータだ。従来の技術では、ビッグデータを取り込んで分析し、価値を引き出すことができないという問題意識が背景にある。こうした中、ビッグデータが扱えるように設計された、やや実験的でもある新しい技術が台頭してきている。「Apache Hadoop」などのデータ処理プラットフォーム、NoSQLなどのデータストアがそれだ。

NoSQL vs. SQL:特徴を押さえる

 こうした技術を使うと、ビッグデータをどのように扱うことができるのか。最初に理解しなければならないのは、データベース管理者やデータアナリスト、ITマネジャーが対処すべき2種類のデータベース、RDBMSとNoSQLだ。それと同時に、この両方のデータベースへ統一的にアクセスする仕組みに加え、それらのデータのマイニングやアーカイビング、活用の機会を提供する方法も理解しなければならない。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

サイバーエージェント、レコメンドエンジンに人工知能を用いたテキスト解析技術を応用
サイバーエージェントのエディトリアルアドスタジオは、レコメンド エンジンの技術開発に...

news098.jpg

「WeChat」など中国の主要ソーシャルメディアへの広告出稿、テンセントIBGが日本企業向け支援サービス提供
テンセントIBGは、訪日中国人観光客の急増によるビジネス機会の獲得を目指す日本企業を対...

news115.jpg

2020年度にはCRM市場の4割弱がクラウド型に――ミック経済研究所が予測
ミック経済研究所は、CRM分野におけるクラウド型市場の現状と中期予測をまとめた「クラウ...