2013年04月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

クラウド向け認証製品紹介:シマンテック編Google AppsもOffice 365も一括認証、ワンタイムパスワードも備えた「Symantec O3」

クラウドサービスのシングルサインオンを可能にするシマンテックの「Symantec O3」。ワンタイムパスワード機能を標準で利用できるなど、豊富なセキュリティ機能がウリだ。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 クラウドサービスの認証強化に役立つ「クラウド向け認証サービス」が充実しつつある。シマンテックの「Symantec O3(オースリー)」は、一組のID/パスワードで複数のクラウドサービスの認証を可能にするシングルサインオン(SSO)機能を備えるクラウド向け認証サービスだ。国内では現時点では正式に提供していないが、希望するユーザー企業には個別に提供しているという。

 Symantec O3の機能や特徴について、シマンテックUA製品本部本部長の坂尻浩孝氏、APJストラテジックセールスグループ本部長の宇都宮 隆二氏に話を聞いた。

連載:クラウド向け認証製品


製品の概要:クラウドサービスのSSOを実現

 Symantec O3は、Google AppsやOffice 365、Salesforce CRMといったクラウドサービスの認証ゲートウェイとして機能する(図1)。エンドユーザーがSymantec O3の認証画面にID/パスワードを入力すると、Symantec O3のID管理システムがユーザーを認証。SAMLやOpenIDといった認証連携技術を利用して、クラウドサービスへログインできる仕組みだ。クライアント端末/クラウドサービスとSymantec O3との通信は、SSLで暗号化する。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

広告配信のパフォーマンスを最大化する予算配分をAIで自動算出、サイバーエージェントがシステム提供
サイバーエージェントは、広告コンバージョン最大化を実現するAIシミュレーションシステ...

news130.jpg

アリババグループのTmallがデジタルマーケティング推進に向けて大王製紙、ピジョンと提携
アリババグループのEC部門であるTmallは、大王製紙およびピジョンと戦略提携意向書を締結...

news072.jpg

インフルエンサーの会員制ファンコミュニティー形成を支援、THECOOが「fanicon」を提供
THECOOは、ファンコミュニティーアプリ「fanicon」の提供を開始した。