2013年04月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

アナリストに聞く プライベートクラウド動向伸び悩むプライベートクラウド、普及の鍵は技術への正しい理解

なかなか浸透しないプライベートクラウド。原因はクラウドコンピューティングという技術への理解不足にあるという。プライベートクラウド導入に適した企業や実現方法について、ガートナー ジャパンの亦賀氏に聞いた。

[三浦優子]

プライベートクラウド普及の鍵は?

 ITベンダー側は積極的にプライベートクラウドで利用するための製品を発売しているものの、ユーザー側の反応はいまひとつ鈍い。

 TechTargetジャパンが2013年3月に実施したクラウドコンピューティング全般に関する読者調査でも、「既に導入済み」が前年の17.0%に対し22.7%と増加しているものの、前年に続いて最も多いのが「計画はない」の44.0%。依然としてプライベートクラウドを導入する予定がない企業が多いことを示す結果となった(参考:クラウド導入に関する読者調査結果リポート(2013年3月))。

 多くの企業が社内にあるサーバを統合して仮想化しているが、そこからプライベートクラウドへと進化させないままでいる要因はどこにあるのか。そして今後のプライベートクラウド普及の鍵はどこにあるのか。

 ガートナー ジャパンのリサーチ部門 ITインフラストラクチャ&セキュリティ バイスプレジデント兼最上級アナリスト 亦賀忠明氏にプライベートクラウドを取り巻く現状を聞いた。

普及が進まない理由はクラウドの検証不足

aa_tt_prcloud.jpg ガートナー ジャパンのリサーチ部門 ITインフラストラクチャ&セキュリティ バイスプレジデント兼最上級アナリスト 亦賀忠明氏

 「プライベートクラウドの普及が進まない最大の要因は、ずばりクラウドというものを正確に理解しているIT部門の担当者、経営者が少ないことにあるのではないか」。亦賀氏はこう指摘する。「プライベートクラウド以前にクラウドが何かをきちんと議論し、理解する行程が抜けている。それをしない限り、プライベートクラウドを導入してもうまくいくわけがない」

 クラウドとはITシステムを完全にサービス型モデルへと移行させたものだ。単純にサーバを統合し、仮想化しただけではサービス型モデルに移行したとはいえない。しかし、現実にはサーバを統合し、仮想化を実現しただけで、「プライベートクラウドを実現した」と誤解しているケースもあるという(関連記事:単なる“全社仮想化”とは違うプライベートクラウドの本質的価値)。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...