2011年07月26日 09時00分 公開
特集/連載

プライベートクラウド導入に向けたIT資産の考え方プライベートクラウドを成功へ導く4つのステップ(前編)

データセンター全体を抽象化するプライベートクラウドによって、企業のIT環境は大きく変化する。前編では、プライベートクラウドの定義とプライベートクラウドで必要なコンポーネントについて紹介する。

[Greg Shields,TechTarget]

 最近では、クラウドコンピューティングに関するあらゆることが話題になるようだ。だが、プライベートクラウド戦略を構築する上では、仮想化が重要なステップになる。あなたの会社がITインフラの一部を既に仮想化しているなら、プライベートクラウド導入への道のりは、思いの他近いだろう。

 このところ、クラウドのメリットと仮想化固有の制約が非常に注目されている。仮想化では、仮想マシン(VM)やVMのパフォーマンス、物理サーバの仮想化による効果が大きな関心事だ。プライベートクラウドでは、より広い視野に立ち、VM自体にではなく、VMがホストされるインフラ全体に焦点を当てることになる。

プライベートクラウド戦略を構築する理由

 うたい文句をうのみにせず冷静に考えても、クラウドのメリットは実現する価値があるのだろうか。それは間違いない。しっかりしたプライベートクラウド戦略を立てるには、まず仮想データセンターの考え方を受け入れる必要がある。このアプローチにより、自社のインフラでクラウドのメリット、つまりリソースの最適活用、サービス提供力の強化、リソース利用状況の可視化を享受できる。

 以下の4つのステップは、プライベートクラウド戦略を構築し、クラウドのメリットを実現するのに役立つ。

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...