2013年05月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

進化を続けるマルウェアの実態(前編)比較して分かったウイルス対策製品の実力

米New York Timesを襲った中国からのサイバー攻撃は、その発覚まで4カ月以上かかった。ウイルス対策製品頼みのセキュリティ対策だけでは、先進的な攻撃を防ぐことは難しい。その手口を検証してみる。

[Joe Granneman,TechTarget]

 エンドポイントのウイルス対策は機能しない――。その秘密が露呈した。業界最大手のウイルス対策ソフトメーカーが、特定の標的を執拗に狙うAPT(Advanced Persistent Threat)攻撃を検出も回避もできなかったとして、大々的に名指しされた。確かにそれは、情報セキュリティの専門家にしてみれば秘密でも何でもなかった。

 だが多くのコンシューマー、そして少数の経営陣にとっては、追加的なセキュリティ技術を施さない限り、ウイルス対策製品は現代のサイバー攻撃に対してほとんど無防備だという実態が、今回の出来事によって明るみに出た。幸運にもこの事例は、攻撃者が先進的な手口を使ってウイルス対策製品を簡単に迂回している実態を浮き彫りにした。

 概略を振り返ると、米New York Times(以下、Times)は2013年1月下旬、中国からのサイバー攻撃の被害に遭ったと発表した。攻撃は少なくとも4カ月の間、発見されなかった。攻撃者はスピアフィッシングによってネットワークへの接続を確立したと思われ、その後有効なログイン情報を使ってネットワークに侵入。従業員のコンピュータ40台以上にアクセスし、中国首相に関する記事について、記者の情報源を探し回っていた。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news024.png

不正トラフィックが最も多いアプリカテゴリーは「エンターテインメント」と「ニュース」──AppLift調査
AppLiftは、世界的なアドフラウド(広告詐欺)の分布データの調査を実施し、そのレポート...

news025.jpg

デジタルガレージがID-POSデータ連動型広告運用サービスを開始、店頭での効果可視化へ
デジタルガレージは、ID-POSデータと連動した広告運用サービス「POS UP!-オンライン広告...

news060.jpg

電通デジタルとトライベック、オムニチャネルを視野に入れた「ECサイト診断」サービスを提供開始
電通デジタルとトライベック・ストラテジーは、両社が共同開発した「ECサイト診断」サー...