2013年05月31日 08時00分 UPDATE
特集/連載

米Adobeが決断した「サブスクリプションのみ」Officeユーザーは「定額課金制」の夢を見るか

米Adobeが採用したアプリケーションの定額課金制。米Microsoftは、Microsoft OfficeについてサブスクリプションベースのOffice 365と同時に、パッケージ版の提供を続けることを即座に表明した。ユーザーはどう考えているのだろうか。

[Jacqueline Emigh,TechTarget]

 Microsoft Officeユーザーの間では、米Adobeが先頭に立って推進している「サブスクリプション(定額課金)のみ」の課金モデルに、米Microsoftも従うのではないかと懸念する声が少なくない。ただしMicrosoft自身は、近い将来その予定はないと発表している。一方、Adobeユーザーは今後、Photoshopや他のCreative Suite(CS)製品をパッケージソフトウェアとして購入することはできないことが既に決定した。

 Adobeは2013年5月6日(米国時間)付で、CSのパッケージエディションの開発は打ち切る計画であると発表した。その直後MicrosoftはOfficeユーザーに対して、少なくとも当分の間は、Office 365とOfficeスイートのパッケージの両方の選択肢を提供し続けると、正式に表明した。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

ソフトバンク・テクノロジー、チャットbotでWebサイトの分析や課題発見をサポートする「SIGNAL AI」を提供
ソフトバンク・テクノロジーは、Webサイト分析やアドバイスを行いながらデータ活用人材を...

news065.png

パイプドビッツなど3社、製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD」が提供開始
パイプドビッツは、メディコムとトライベック・ストラテジーの2社と共同で、製薬企業向け...

news108.jpg

EC・通販の広告クリエイティブは「製品・サービスを手に取ってもらう」ことに割り切る
豊富な実務知見に基づき、EC・通販で成功する方法について解き明かしていく本シリーズ。...