2013年08月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

今こそIFRS再入門【第1回】IFRS任意適用を真剣に考えるべきこれだけの理由

IFRS任意適用300社時代の到来か――金融庁などの方針で企業のIFRS任意適用が今後、大幅に増える見通しだ。いつ、どのようにIFRSを適用するのか。「関係ない」と言えなくなった担当者にIFRS再入門記事をお届けする。

[野口 由美子,イージフ]

過去の話ではない日本企業のIFRS適用

 日本で今、IFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)が再び注目を集めている。これまで日本では一定の基準を満たした企業が任意でIFRSを適用できるのみであり、実際にIFRSを適用している企業は一部に限られていた。そのためIFRSは多くの企業にとって「関係のない話」と捉えられていた。しかし、その適用要件が大幅に緩和され、多くの企業がIFRSを選択できることになった。また、IFRS適用企業数を300社以上とする数字目標を設定することも検討されており、一定以上の規模で国際的にビジネスを展開している企業はIFRS適用に踏み切ることになると考えられる(参考記事:「J-IFRS」契機に動き出す日本企業、任意適用は300社?)。もう日本企業もIFRSを「関係のない話」と言ってはいられない状況になっているのである。

 もともとIFRSについては、金融庁が2009年に全上場企業に対する強制適用も含めた今後の方針を発表。2015、2016年には強制適用されるとの予測があった。しかし、2011年の東日本大震災などさまざまな状況の変化により、その方針が取り下げられ、IFRS適用の是非が再検討されていた。強制適用がなくなったことで、日本においてIFRSはもう過去の話であるかのように思われてきたのだ。

 一方世界では着実にIFRSが広まり、またIFRSを適用していない米国もIFRSに対して独自の戦略を展開している。金融庁や日本経済団体連合会などもIFRS推進に方向転換した。今の情勢を理解し、これから日本企業の取るべき選択肢とは何か、考えなくてはならない時が来たのである(参考記事:IFRS任意適用要件が8月にも緩和、4000社が適用可能に)。

世界へ広がったIFRSと日米の動き

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

LINEと博報堂DYデジタル、「LINE」上での広告効果測定の精緻化を図る共同プロジェクトを開始
LINEは、同社の広告サービスにおいて、効果測定の精緻化を図るプロジェクトを博報堂DYと...

news056.jpg

SSP「fluct」、Bulbitの全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」と連携開始
fluctは、SSP「fluct」がBulbitのモバイルアプリ向け全自動マーケティングプラットフォー...

news024.png

「All About」、記事型ネイティブ広告にIASのアドベリフィケーションツールを正式導入
オールアバウトは、総合情報サイト「All About」で販売および配信する記事型ネイティブ広...