2013年10月01日 08時00分 UPDATE
特集/連載

不具合発生であらためて問われる米MS更新プログラムはすぐに適用すべきか、待つべきか

米Microsoftが8月にリリースした月例パッチの一部で不具合が発生した。今後の更新プログラムを即座に適用していいものか、同社のテストプロセスを不安視する声も出てきそうだ。

[Toni Boger, Jeremy Stanley,TechTarget]

 米Microsoftは、2013年8月にリリースした「月例パッチ(Patch Tuesday)」のうち、緊急を要する1件の更新プログラムを一時的に配信停止(8月27日には問題を修正し、配信を再開)した。公開前の社内環境上のテストが不十分だったという理由だ。同社では、毎月第2火曜日(米国時間)に同社製品のセキュリティ更新プログラムを月例パッチとして提供している。

 同社の説明によると、「Microsoft Exchange Server2013」に関するセキュリティ更新プログラム「MS13-061」の問題が発覚したのは、2013年8月のパッチプログラムを公開した日の夕刻だった。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...