2013年10月10日 08時00分 UPDATE
特集/連載

デスクトップ仮想化導入のガイドライン【第3回】業界別に見る デスクトップ仮想化による課題解決

代表的な業界(金融、製造、流通・小売り、社会基盤)におけるデスクトップ仮想化の適用例を解説する。デスクトップ仮想化を自社のビジネス課題に適用するためのヒントとしてほしい。

[小林伸睦,シトリックス・システムズ・ジャパン]

 第1回「企業の成長を維持、加速させるデスクトップ仮想化の真価」、第2回「デスクトップ仮想化のトータルコストを削減する効果的な手段」で解説してきたように、デスクトップ仮想化ソリューションはビジネスのやり方を変えるとともに、昨今の企業課題の多くを一掃することができる仕組みである。従って、特定の業界(セクタ)や業務に限ったソリューションではなく、あらゆる業界のビジネスシーン、さまざまな課題解決に適用できる。重要なポイントは、どんなシーンに適用するとどういった効果が見込めるのかをしっかり考えていくことであり、その基礎になるポイントは第1回で解説したので、あらためて確認いただきたい。

 基本的に多様な適応シナリオがあるデスクトップ仮想化ソリューションだが、各業界におけるビジネス環境、業態を踏まえると典型的な適用例を容易に想像できる。本稿では、代表的な業界(金融、製造、流通・小売り、社会基盤)における適用例を解説する。デスクトップ仮想化を皆さまのビジネスシーンに適用するためのヒントとしていただきたい。

金融業界

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...