2013年10月10日 15時00分 UPDATE
特集/連載

クラウド依存の危険性が指摘される一方で……障害が何度起きても「Gmail」が使われる理由

Gmailが2013年9月下旬に大規模障害に見舞われ、一部のメールに遅延が生じた。クラウドベースの電子メールシステムを検討する企業には、大きな不安材料だろう。一方のGoogleでは、今後の障害に備え対策を講じているという。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 ネットワークを2重にし、冗長化を図っていたにもかかわらず、米Googleのメールサービス「Gmail」は2013年9月下旬、大規模障害に見舞われた。一部のメールの添付ファイルが最大2時間遅延し、ダウンロードできないという現象が発生した。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

アナログなマーケティングをグレードアップ、無料でどこまでできるか
マーケティングオートメーション(MA)とは名ばかりの不完全なツールも少なくない背景に...

news064.jpg

電通とリクルートホールディングス、訪日外国人向けマーケティング領域で協業開始
電通とリクルートホールディングスは、訪日外国人向けマーケティング領域での協業を開始...

news096.jpg

電通パブリックリレーションズが「第2回 企業広報力調査」の結果を発表
電通パブリックリレーションズ内の研究組織である企業広報戦略研究所は、「第2回企業広報...