2013年11月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

効果的なソーシャルメディア戦略は一夜では生まれないクッキー焼いても炎上するな――Oreoが学んだTwitter活用術

TwitterやFacebookにアカウントを持つ企業は急増している。しかし、長い時間をかけてスキルを磨かない限り、企業が期待する効果は見込めないようだ。1年間にわたり毎日メッセージをツイートし続けたOreoが学んだ教訓とは?

[Lauren Horwitz,TechTarget]

 今、TwitterやLinkedIn、Facebookをビジネスツールとして活用する動きが企業の間で活発だ。企業と顧客を結び、新しいアイデアを導き出し、販売や収益増にさえ貢献しつつある。

 しかし、多くの企業、特に法令順守に縛られる企業や厳格な社内規制のある企業などは、ソーシャルメディア戦略の立ち上げから失敗するケースが少なくない。彼らの致命的なミスは、法務部門やコンプライアンス委員会などとのすり合わせが遅過ぎることだ。2013年9月に開催されたソーシャルメディアがテーマのカンファレンス「Social Shake-Up」の講演者たちは、そう口をそろえる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

オフライン広告の効果可視化とマーケターの働き方改革に向け、サイカとインテージが業務提携
サイカとインテージは業務提携を行い、オフライン広告の効果測定における汎用的な分析ソ...

news027.jpg

電通など3社、“人”基点でコンテンツマーケティングを高度化する「People Driven Content Marketing」を提供
電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズの電通グループ3社は、“人”基点で...

news014.jpg

スマホサイトのユーザビリティ 業種別1位は通信、企業別では?――トライベック・ストラテジー調査
トライベック・ストラテジーとトライベック・ブランド戦略研究所は、「スマートフォンユ...