2013年11月08日 08時00分 UPDATE
特集/連載

教育機関のIT活用に関する読者調査リポート授業用タブレット、一番人気はiPad? それともWindows 8端末?

教育機関への導入が最も進んでいるIT製品とは何か? IT製品を授業や校務で活用する上での課題とは? TechTargetジャパンが実施した読者調査の結果を見ていこう。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 TechTargetジャパンは2013年10月1日から29日にかけて、小中学校や高等学校、大学をはじめとする教育機関を対象に、「教育機関のIT製品導入」に関するアンケート調査を実施した。教育機関におけるIT製品の導入状況や今後の投資意向、課題などを聞いた。本稿は、アンケート調査から明らかになった教育機関のIT活用に関する実態の一部を抜粋して紹介する。全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロードできる。

調査概要

目的:教育機関におけるIT製品の活用実態や導入状況について調査するため

方法:Webによるアンケート

調査対象:主に教育機関に勤務するTechTargetジャパン会員

調査期間:2013年10月1日〜29日

総回答数:169件

※回答の比率(%)は小数第1位または第2位を四捨五入し表示しているため、比率の合計が100%にならない場合があります。


 本読者調査は、主に学校を中心とする教育機関と、教育委員会など教育関連の都道府県/市町村機関といった教育関係者を対象として実施した。実際の回答者を業種別に見ると、教育関係者の回答率は72.2%に上る(図1)。

図 図1 回答者属性(業種)

導入率トップはWindowsパソコン、タブレットの導入率は?

ITmedia マーケティング新着記事

news006.jpg

「100年後も生き残ると思う日本企業」調査、トヨタとホンダが不動の1、2位――リスクモンスター調べ
リスクモンスターは「100年後も生き残ると思う日本企業」調査を実施しました。

news019.jpg

KDDIまとめてオフィスが3000万円のムダ打ちから学んだB2Bマーケティングの正攻法
全国の中小企業向け支援サービスを展開するKDDIまとめてオフィスは、過去のマーケティン...

news118.jpg

PR TIMES LIVE、「TechCrunch Tokyo 2018」のライブ配信を実施
2018年11月15、16日に開催される日本最大級のスタートアップ・テクノロジー の祭典「Tech...