2013年11月14日 08時00分 UPDATE
特集/連載

製造業や建築で活用進む自動車や住宅を仮想世界で再現、業務用ARを体験してきた

キヤノンが3次元データを活用して現実空間と仮想空間をリアルタイムに融合する映像システムの新製品を2013年12月に市場投入する。内覧会で実際に体験してみた。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 現実の世界にコンピュータグラフィックス(CG)を合成するAR(Augmented Reality:拡張現実感)技術の用途が拡大している。コンシューマー向けではスマートフォン専用のAR対応カメラアプリが有名だが、ここに来て企業向け製品/サービスが市場に多く登場してきた。

 そんな中、キヤノンは2013年12月、現実映像とデジタルデータをリアルタイムに融合する「MREALシステム」の新製品群を販売する。その利用シーンは、製品の設計・開発工程、デザインレビュー、シミュレーションのみならず、顧客セールスやプレゼンテーション、トレーニングに至るまでを支援するという。内覧会で実際に体験してみた。

現実空間と仮想空間を違和感なく融合する「Mixed Reality」

 MREALシステムは、1997年に始まった当時の通産省(現 経済産業省)傘下の基盤技術研究促進センターとキヤノンによる共同開発プロジェクト「MRプロジェクト」によって誕生した製品。4年間の研究の後、キヤノンが継承して実証実験や事業性検証などを行い、2012年7月に最初の製品となる、頭部装着型ディスプレー「MR Head Mount Display MREAL HM-A1」(以下、MREAL HM-A1)、映像の位置合わせ機能やインタフェース、制御機能などを搭載するソフトウェア「MREAL Platform MP-100」を販売開始した。

 MREALシステムでは、現実空間の映像に仮想空間の情報(仮想物)を重ね合わせて表示する。例えば、製品のモックアップ(模型)を実寸大のサイズで確認できる。また、利用者の動きに合わせて仮想世界の映像が360度変化し、利用者が見たい角度から仮想物を観察することが可能だ。例えば、背が低い人と高い人とのユーザビリティの違いを確認できる。さらに感触はないものの仮想物をつかんだり、操作することも可能。

photo MREAL HM-A1を装着してモックアップを確認している例。後方の画面に映っているのが、装着者が見ている映像《クリックで拡大》

 キヤノンによると「MR(Mixed Reality:複合現実感)とは、VR(Virtual Reality:仮想現実感)技術をさらに推し進めた現実空間と仮想空間を違和感なくリアルタイムに融合させる映像技術のこと」だという。MREALシステムの特徴として以下の3つを挙げている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

「スマホ動画は縦向き」が初めて多数派に──モバーシャルが動画視聴実態調査
動画制作と動画マーケティング支援のモバーシャルが20〜50代の男女700人を対象に、スマー...

news080.jpg

イオン店舗で「ガチャ」を利用したオムニチャネル施策
グランドデザインが運営するオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」を活用した販...

news023.jpg

「カゴ落ち防止」のつもりで“ネットストーカー”になっていないか?
「枠」から「人」へ。広告の効率的な配信ができるのはネットの強み。ECサイト事業者にと...