2013年11月18日 08時00分 UPDATE
特集/連載

今こそIFRS再入門【第4回】これからのIFRS導入、トライアルは必須

IFRSへの移行では、比較のために過去の財務諸表をIFRSベースで開示することが求められる。手間は掛かるが、この作業をIFRS開示本番のためのトライアルと位置付けることも可能だ。

[野口 由美子,イージフ]

IFRSに移行してもすぐに決算を公表できない!?

 IFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)は2010年以降、日本でも任意適用が認められ、徐々に適用企業が増えてきている。2013年には旭硝子、2014年3月期にアステラス製薬、武田薬品工業、小野薬品工業、2016年にLIXILグループがIFRSを適用する予定である。金融庁がIFRSの任意適用企業を増やしていく方針を打ち出していることもあり、今後さらにIFRSを導入する企業が増えていくことが予想される。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...