2013年11月28日 08時00分 UPDATE
特集/連載

余裕か、焦りかiOS/Androidアプリ開発者を応援するMicrosoftの本心は

スマートデバイス向けOSのツートップである、Appleの「iOS」とGoogleの「Android」。これら2大OSの開発者の目を「Windows Phone」へ向けさせるため、Microsoftが取った秘策とは?

[Diana Hwang,TechTarget]

 統合開発環境「Microsoft Visual Studio」とプログラム言語「C#」の開発者は、モバイルOS「Windows Phone」搭載デバイス向けのモバイルアプリケーションと同時に、「iOS」や「Android」向けのモバイルアプリケーションも開発できるようになった。

 米Microsoftは、自社以外のプラットフォーム対応のモバイルアプリケーション開発をサポートするツールを提供するために米Xamarinと提携した。Microsoftの狙いは、Visual StudioとC#の開発者にXamarin製のツールを提供し、さまざまなプラットフォーム対応のモバイルアプリケーション開発を支援することで、モバイル市場で勢力範囲を拡大することにある。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

モバイルアプリ広告のYouAppi、人工知能で細かなセグメンテーションを実現するリエンゲージメント広告を提供
モバイルアドテクノロジーのYouAppiは、モバイルアプリ広告配信プラットフォーム「360° ...

news058.jpg

訪日外国人観光客は結局、何を求めて日本にやって来るのか
「見にきてもらう」から「参加してもらう」へ。訪日外国人と浅草の関係は少しずつ変わり...

news022.jpg

「新品購入前に売値をチェック」「掘り出し物探しを楽しむ」、フリマアプリ利用者の生態とは──メルカリ調査
メルカリの調査によると、フリマアプリ利用者の半数以上が新品購入前にアプリで売値をチ...