2014年02月25日 08時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドストレージの注目動向「Dropbox」の業務利用が冗談でなくなる「for Business」の実力

一般ユーザー向けクラウドストレージサービスとして広く使われている「Dropbox」のビジネス向け機能が大幅に強化された。使い勝手や管理機能はどう向上したのか。詳しく説明する。

[Robert Sheldon,TechTarget]

 米Dropboxは、データセキュリティにする懸念を払拭し、堅ろうな一元管理を実現するため、「ビジネス向けDropbox」(Dropbox for Business)の機能を強化した。

 業務に個人用Dropboxを使用し、機密データの保護を目的とした厳格なIT要件から逸脱している従業員は少なくない。ビジネス向けDropboxは、生産性とセキュリティを両立した、IT部門とユーザーの両方に配慮したサービスである。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...