2014年03月31日 08時00分 UPDATE
特集/連載

人の心に付け込むだましの手口ソーシャルエンジニアリングに引っかかる人の行動パターンとは

悪質なソーシャルエンジニアリング攻撃に対処するため、従業員への研修や侵入テストの推進に加え、自社に対する不正侵入の件数と、データ流出があったかどうかを把握することは重要だ。

[Sally Johnson,TechTarget]

 悪質なソーシャルエンジニアリング攻撃が増えつつあり、標的は金融機関のみにとどまらなくなっている。従業員啓発のための研修や侵入テストの推進、あるいはその両方を組み合わせる組織もあるものの、予防策はその辺りが限界だ。

 データの中身が何であってどの程度の価値があり、どの場所にあるかを把握する「汝のデータを知る」アプローチを採用した上で、そのセキュリティ対策に重点を置くことが、容赦なく繰り出される攻撃から生き延びる鍵になりそうだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...