2014年05月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

仮想環境のHAクラスタ製品 選定ポイント【第3回】VMware環境のHAクラスタ製品の選び方 〜vSphere HA編

VMware環境のHAクラスタ方式の1つである「vSphere HA」の動作、推奨設計・運用を紹介する。また、もう1つの方式の「仮想マシン間HAクラスタ」方式と比較したメリット/デメリットにも着目する。

[木島 亮,伊藤忠テクノソリューションズ]

 本連載「仮想環境のHAクラスタ製品 選定ポイント」の前回「VMware環境のHAクラスタ製品の選び方 〜仮想マシン間HAクラスタ編」までの記事において、VMware環境では下記の3つのHAクラスタ方式があることを紹介した。

(1)仮想マシン間HAクラスタ
(2)vSphere HA
(3)vSphere HA+アプリ監視

 前回に引き続き、第3回の今回は、VMware環境のHAクラスタ方式の選定を行うために必要な知識として、「(2)vSphere HA」の「動作」「メリット/デメリット」「推奨する設計・運用」についてまとめていく。

(2)vSphere HA

動作

 vSphere HAのアーキテクチャは、仮想マシン間HAクラスタのそれとは大きく異なる。ESXサーバが停止すると、その上で動作していた仮想マシンが別のESXサーバで起動する。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news010.jpg

海の家でトライアル、O2Oアプリ×IoTで店舗のスマホ施策はどう変わる?
江ノ島にある海の家でO2OアプリとIoT販促ツールを組み合わせた実証実験が行われている。...

news023.jpg

LINEと博報堂DYデジタル、「LINE」上での広告効果測定の精緻化を図る共同プロジェクトを開始
LINEは、同社の広告サービスにおいて、効果測定の精緻化を図るプロジェクトを博報堂DYと...

news056.jpg

SSP「fluct」、Bulbitの全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」と連携開始
fluctは、SSP「fluct」がBulbitのモバイルアプリ向け全自動マーケティングプラットフォー...