2014年05月28日 15時00分 UPDATE
特集/連載

あの「Keynote」も「PowerPoint for iPad」に大苦戦「Office for iPad」「iWork」のガチンコ3番勝負、iPad用オフィスアプリの最強は?

iPadのオフィススイート市場を制するのは、iPadユーザーに定評のある「iWork」か。それともオフィススイートの雄「Microsoft Office」のiPad版か。3番勝負で白黒付ける。

[Vince Font,TechTarget]

関連キーワード

iPad | Office 365 | Word | Excel | Microsoft Office | PowerPoint


tt_tt_Office_01.jpg

 米Microsoftが「Microsoft Word for iPad」(以下、Word for iPad)、「Microsoft Excel for iPad」(以下、Excel for iPad)、「Microsoft PowerPoint for iPad」(以下、PowerPoint for iPad)を同時にリリースして、米Appleの「iPad」市場に参入した。その結果、事実上のiOS用標準オフィススイートであった「iWork」との避けられない対決の舞台が整った。

 ユーザーの乗り換えを図るには、Microsoftの参入は遅すぎたという意見もある。だが「Microsoft Office for iPad」(以下、Office for iPad)の充実した機能によって、iWorkはナンバーツーの座に追いやられると考える人もいる。

 米TechTargetでは、Office for iPadとiWorkの両オフィススイートの機能を3番勝負で比較した。それでは、その内容を紹介しよう。

ラウンド1: Pages vs. Word for iPad

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「カゴ落ち防止」のつもりで“ネットストーカー”になっていないか?
「枠」から「人」へ。広告の効率的な配信ができるのはネットの強み。ECサイト事業者にと...

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...