2014年08月19日 15時00分 UPDATE
特集/連載

クラウド時代でもやっぱり問題にユーザーの製品選択を脅かす“ベンダーロックイン”、唯一の解決策とは?

ベンダーロックインから脱却する手段の1つとして、クラウドが注目を集めている。果たして、クラウドの活用によって、企業のIT部門はベンダーの支配から逃れることはできるのだろうか。

[Mark Eisenberg,TechTarget]

 ベンダーロックインから脱却する手段としてクラウドテクノロジーを採用するIT幹部は多い。コスト削減の必要性から企業は単独のベンダーに縛られやすく、コモディティを中心としたインフラ調達は1つの対策になるだろう。高コストをベンダーのせいにしたくなるのも無理はない。高額の、そして大抵は年単位の請求書を持ってくるのはベンダーだ。価格交渉の余地はほとんどない。交渉できるはずもない。既にそのベンダー1社単独の技術供給に依存しているからだ。たった1社による技術供給から脱却するために競争環境を作り出そうとするのは当然だろう。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...