2014年08月25日 12時00分 UPDATE
特集/連載

今、理解しておきたい「学校のIT化の現実」【前編】教室のIT化で見落としがちな「5つの落とし穴」とは?

教育機関におけるIT導入が進みつつあるが、「タブレット」「アプリ」など個別要素にのみ注目していると、意外な落とし穴にはまりかねない。特に授業など教務のIT化に絞り、5つの落とし穴を説明する。

[武田一城,日立ソリューションズ]

関連キーワード

iPad | IEEE 802.11ac | Windows 8 | Wi-Fi | Android


 小学校や中学校、高等学校をはじめとする教育機関のIT化が進んでいる。2010年度に総務省の「フューチャースクール推進事業」、2011年度に文部科学省の「学びのイノベーション事業」という2つの事業が相次いで開始し、実証実験などが2013年度まで続けられた。その間には、佐賀県や同県武雄市、東京都荒川区などの先進自治体、その他にも幾つかの私立学校で既に電子黒板やタブレットなどの導入検討が進み、2014年春から相次いで実行・導入のフェーズに入った。

 これらのニュースは、読者の皆さんであれば当然ご存じかもしれない。ただし、約3万6000校ある全国の小中高校において、従来の学校IT化の延長線上でITの導入がすんなり進むとは思えない。本格的にシステムを利用しようとすればするほど、ITの活用範囲が、学校の基幹業務に当たる「校務」や、教室などで実施する授業の仕組みである「教務」の全体に及ぶことになる。すると、これまでの部分的で小規模なIT導入とは様相が一変してしまう。システムが大きくなれば、これまではそれほど考慮の必要がなかったシステムプラットフォームやマネジメントの考え方をあらかじめ考慮しておく必要があるからだ。

 本記事では、ITの導入に潜む懸念事項と、必要な対策をどう取っていけばよいのかを中心に、学校IT化の現実について考える。前編では、IT導入に当たって見落としがちな5つの落とし穴を紹介する。

学校でのIT活用の成功を阻む5つの落とし穴

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

スタンプラリーにポイントカード、顧客満足度向上の決め手を調査から読む
顧客満足度の高い企業、ポイントカードやクレジットカードの保有枚数にスタンプラリー企...

news114.jpg

NTTドコモと博報堂、O2Oマーケティング分野における業務・資本提携に合意
NTTドコモと博報堂は業務・資本提携について合意したと発表した。O2Oマーケティング分野...

news095.jpg

KABUKI、EC事業者に広告収入をもたらすEC特化型広告配信ネットワーク「アド・アトリエ」を提供
次世代型ECモール「kabukiペディア」を運営するKABUKIは、EC特化型広告配信ネットワーク...