2014年10月20日 08時00分 UPDATE
特集/連載

セキュリティ、デバイス管理が高度化徹底分析:次期OS「Android 5.0 Lollipop」、Samsung協力の意味は?

米Googleが10月15日に発表した次期Android OS「Android 5.0 Lollipop」。韓国Samsungは、新OSのセキュリティ・統合管理機能を開発している。スマホ分野での苦戦が伝えられるSamsungの起死回生策となるか?

[Jake O'Donnell,TechTarget]
jo_tt_141020_fig1.jpg

 統合モバイルコンテナ「Samsung Knox」に向けた米Googleと韓国Samsung Electronicsの提携によって、近い将来、あらゆるタイプのAndroidデバイスを容易に管理できるようになる。

 2014年夏の初め、両社はGoogleの次期OS「Android L」(※)を搭載するエンタープライズモビリティコンテナの開発で協力することを明らかにした。その時点で技術的詳細は明らかにされなかったため、この提携が「Samsung Knox」の未来にどのような意味を持つのか、さまざまな臆測が飛び交った。

 Samsungは、果たして「Samsung Knox」はどのようにEMM(エンタープライズモビリティ管理)市場を攻略しようとしているのか。そしてGoogleは、この新しいテクノロジーで何を狙うのか。

※:編注 Googleは2014年10月15日、Android Lの正式名称を「Android 5.0 Lollipop」と発表した。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news116.jpg

トランスコスモス、Facebook Messengerを利用した新たな顧客コミュニケーションサービスを開始
トランスコスモスは、「Facebook Messenger」を利用した企業と顧客とのコミュニケーショ...

news112.jpg

電通と日経、企業イメージの形成要因を特定する解析サービスを共同開発
電通と日本経済新聞社は、企業イメージの形成要因が特定できる「企業イメージKPIモデル」...

news043.jpg

Yahoo! JAPANのデータ分析結果に基づいた「データ×クリエイティブ」の動画広告商品、Viibarが提供
動画マーケティングを支援するViibarは、Yahoo! JAPANのデータ分析結果を基にターゲット...