2014年10月29日 12時00分 UPDATE
特集/連載

適切な情報提供でより質の高い医療を目指す京大病院が実現した“プリンタのクラウド化”の切り札とは?

京都大学医学部附属病院ではVDI技術を活用し、電子カルテ用端末でインターネットの閲覧を実現。一方、セキュリティを保つために端末からのインターネット上の情報の印刷は禁じられていた。この状況を解決した手法とは?

[岡崎勝己]

VDIで電子カルテとネットを1台の端末で

 風情ある街並みや歴史を刻んだ寺社仏閣で多くの観光客を集める古都、京都。その中心部に位置する京都大学医学部附属病院(以下、京大病院)は、1970年の中央情報処理部(現、医療情報企画部)の発足以来、院内のIT化に取り組んできた。医事会計システム(レセコン)を皮切りに1990年にはオーダリングシステムの導入に着手し、2000年にフルオーダー化を達成。電子カルテの利用も2005年に開始以来、独自の切り口からIT環境の高度化を推し進めてきた。

 その代表的な取り組みが、2011年のシステム刷新時における仮想デスクトップインフラ(VDI)技術の全面採用だ。一般に、電子カルテの端末はセキュリティを確保するため専用端末が採用されることが多く、そのネットワークも別系統にしているケースが見られる。対して、京大病院では、院内ネットワークのファイアウォール(FW)内に配置された電子カルテ用サーバと、DMZ(非武装地帯)の外側に置かれたインターネット閲覧用サーバの画面を転送することで、高いセキュリティを維持しつつ電子カルテ用端末でのWebサイトの閲覧も実現しているのだ。

photo 京大病院の電子カルテ端末の閲覧例。インターネットと電子カルテ画面の両方を閲覧可能にしている

 では、京大病院はなぜ、VDIを活用してまで電子カルテとネットの双方の閲覧にこだわったのか。

VDI採用が変えた電子カルテ運用

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...

news065.jpg

LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに...

news021.jpg

「NPS」の効果を実感、導入企業の8割――IMJ調査
アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、「日本企業におけるNPS導入の実態把握調査」の結果を発表...