2014年10月30日 15時00分 UPDATE
特集/連載

「まるで悪魔を召喚するようなもの」人工知能が人類の敵になる? 起業家イーロン・マスク氏が人工知能を警戒する理由

知能や学習能力を持ったスマートマシンや自動運転車などを実現するため、人工知能(AI)の研究が日夜進められている。その一方で、起業家のイーロン・マスク氏はそのリスクについて警鐘を鳴らしている。

[Cliff Saran,Computer Weekly]
1030_kf_ai_190.jpg

 米マサチューセッツ工科大学(MIT)のAeronautics and Astronautics Department(航空宇宙工学科)で開催されたシンポジウムの閉幕講演において、起業家のイーロン・マスク氏は、人類が直面する人工知能(AI)のリスクについて警鐘を鳴らした。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...